歴史するうさぎ

lapinhist.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:19世紀日本を跳ぶ( 1 )


2005年 03月 21日

Johannes Hirschmeier, S.V.D., "Shibusawa Eiichi: Industrial Pioneer"

Johannes Hirschmeier, S.V.D.
"Shibusawa Eiichi: Industrial Pioneer"
William W. Lockweed. Ed.
The State and Economic Enterprise in Japan:
Essays in the Political Economy of Growth

Princeton, NJ: Princeton University Press, 1965

世界にあまたある渋沢栄一論の中で、どうして私の指導教授がこの論文を選んで読ませたのかは、その後長い間私の疑問だった。著者は南山大学学長だったヒルシュマイヤー博士である。日本人が見た日本の経済人論という視点を、まず徹底的に排除させたかったのだろうか。それでありながら、日本での教育に長い間携わられた著者の視点が、世界の中で日本が発展の一歩を踏み出す様子を理解するのに不可欠という発想があったのだろうか。

渋沢栄一は、徳川昭武一行と共にパリの万博の視察に同行し、岩倉ミッションとは別ルートで欧米の先進文明に触れている。そして、大蔵省に招かれ、退官後は第一国立銀行を設立したという功績で語られることがほとんどであろう。

ヒルシュマイヤー氏も、無論渋沢のこの軌跡と功績を追いながら、しかし執拗に描いたのは、そのキャリアの「偶発性」と、判断の優柔不断さ、あるいは柔軟さのように思えてならない。

(つづく--4月に入ってからゆっくり更新の予定です)
[PR]

by lapin_histoire | 2005-03-21 06:52 | 19世紀日本を跳ぶ